藤本研修会 LOT(部分矯正)コース


開業医は日常臨床を行う上で、少なくとも補綴、保存、外科等の分野での最低限の知識と技術を求められています。歯科矯正学が取り入れられていない大学のカリキュラムは考えられませんが、いったん卒業後はたしてどれ位多くの歯科医が日常的に矯正を臨床に取り入れているでしょうか。

日常臨床での矯正学的アプローチは、それを全く考えなくても大きな支障を感じていないと言う理由で、置き去りにされている場合が多い様に思われます。疫学的に言えば人口の少なくとも半数以上は、いわゆる不正咬合を持っています。
問題を抱えている一人の患者の口腔機能の回復に際し、根管処置や支台歯形成が必要であるのと同様に歯牙移動も本来は必要な場合が多いのではないでしょうか。

しかし反面、アンダーグラデュエートにおいて充分な臨床経験を積んでいない,治療に比較的時間がかかる、診断系がわかりづらいなどの理由で必要性を感じていても矯正は歯科全般の中で、とりつきにくい分野には違いありません。本格的全般的に矯正が必要な患者を専門医に送る事は良しとしても、例えば補綴を前提とした歯牙移動が必要な患者に関してはどうでしょうか。程度にもよりますが、患者にとっては矯正と補綴を行う術者が一致しているにこしたことはありません。

残念ですが矯正医にとっては補綴のイメージがはっきりわからない場合が多く、逆に補綴を行う方にとっては、矯正治療の限界やメカニズムがはっきりしないという様なそれぞれの立場での知識とコミュニケーションのギャップの問題が存在していると思われます。私自身、米国で顎関節症の研究を終えて帰国した後、一般臨床医の立場から矯正を学び始めたのですが、矯正学の診断力と実践力が向上していくにつれ臨床の巾が大きく拡がった経験をする事ができました。

本研修に於けるLOTは、単に補綴前処置としての歯牙移動やいわゆるMTMといわれるテクニックの取得という狭い範囲に捉われるのではなく、一般的な本格矯正治療の知識と技術をしっかりおさえた上での部分的な歯牙移動を考えて行く事に特徴があります。

従って研修の中では特に矯正治療全般にわたる診断力の向上と実際にそれに基づいて歯牙を動かす実践力の獲得が強調されています。診断系については矯正専門医が、患者を如何に見てそれを治療に結びつけているのかという観点に立ち、専門医の眼を通した患者の診かたを学んで戴きます。又、実習では具体的な診断ケース、ワイヤーべンディング、タイポドント等を通して確実な実践力を養って戴きます。

更に成人の矯正治療において関連の深い歯周、 TMD等とのかかわりについても科学的に裏打ちされた情報をもとに理論と実践を解説していきたいと思います。

矯正専門医 加治初彦

研修風景

講師紹介 加治初彦

講師 加治初彦
略歴
1983年 九州歯科大学卒業
1984年 West Virsinia University Teaching Assistant(Dept. of Anatomy)
1986年 Master of Science取得
1989年 東京歯科大学矯正学教室
1992年 同大学非常勤講師
1993年 東京都千代田区にて開業(成人矯正歯科)
[所属学会] American Association for Orthodontist 日本顎関節学会
[学位論文] Sheep TMJ disc with unilateral vertical dimension loss
[主な論文] Anatomical atlas of the temporomandibular joint (translation)
TOP
推薦の言葉
研修会主旨
研修会主宰
アクセス

藤本歯科医院

補綴・咬合コースPart1補綴・咬合コースPart2ペリオインプラントコースLOT(部分矯正)コース歯内療法コース咬合コース


All rights resrved. copyright (c)Fujimoto Dental Clinic